こつめ、Studyplusで頑張る。

こつめ母応援する

どれだけ頑張ってるの?

こつめのモチベーション維持に役立っているアプリを紹介します。

Studyplus

Studyplus

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

スタディプラスの入力

勉強をした後に、

  • 教材(選択)
  • 日付
  • 時間
  • 勉強時間(勉強量)

を入力します。

すると、日・週・月ごとに教材や教科ごとの勉強量がグラフになる優れものです。

結果を可視化すると、どれくらい頑張ったか一目で把握できますし、反省すべき点、改善点も見えてきます。

日々のアプリへの入力はこつめ母の仕事。
以前記事にしたこつめが毎日記入するスタディプランナーをもとに、内容を見ながらやっています。
予め教材を登録しておくので、1日の入力にかかる時間は1~2分です。

それでも手が回らなくてできていない時は、こつめがしびれをきらして入力してくれることもあります。反省(笑)

どんな勉強をどのくらいしてるのか?

こつめ母は働いていることもあり、こつめがいつどんな勉強をしているのか、中身まで全て確認できているわけではないです。

なので、これを見ながら、

  • 頑張ったね!
  • これはどうしてできなかったの?
  • この教材の時間が少ないけどどうしたの?

など、声掛けをするきっかけにもなっています。

アプリはこつめとこつめ母のスマホに入っていて、どちらからでも入力でき、同じ情報を確認できます。
親子のコミュニケーションツールとしても、とてもいいと思います。

Studyplusの画面キャプチャ。

実際の画面です。
教材ごと、教科ごとに棒グラフで時間を確認できます。

■日別教材ごと時間
StudyPlusの画面1

■日別教科ごと時間
StudyPlusの画面2

 

時間配分もわかりやすい!

教材ごと、教科ごとに円グラフで全体の割合を確認できます。

■教材ごと内訳
StudyPlusの画面3
↑ 上部(1枚目)
↓ 下部(2枚目)
StudyPlusの画面4

■教科ごと内訳
StudyPlusの画面5
↑ 上部(1枚目)
↓ 下部(2枚目)
StudyPlusの画面6

週の目標時間の設定。

毎週目標時間が設定できます。

StudyPlusの画面7

この週は残念ながら、目標時間に到達しませんでした。
ちなみにこの時間は、こつめの希望で、単純に家庭学習(学校の宿題は除く)のみです。
塾での授業時間は入れていません。

こつめの勉強時間

こつめの今の授業時間は、およそ10時間30分(1日70分×3コマ×週3日)です。
毎日よく頑張っていると思います。

時間より中身よ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、中身の可視化はなかなか難しいこともあるし、まずはやっている事実を認めてあげたいし、褒めてあげたい。

こつめ母はそう思っています。

登録する時の注意点。

Studyplusは残念なことに、中学受験には対応していないようで、職業を登録する際に「小学生」という選択肢がありません。
こつめ母は「中学1年生」を選択して登録しています。

Studyplusのメリットに、同じ目標をもった人と繋がる機能もありますが、こつめには必要がないので、情報は非公開設定、友だちリクエストは募集せず、目標、学校、興味分野など設定せずです。

中学受験に対応しないかなぁ、、

そのうち、中学受験にも対応したアプリになってくれたらと密かに思うこつめ母です。
志望中学校や模試の結果も入力できるようになったら最高です。

中学受験は年々熱くなっていると感じるし、Studyplus開発者様に声が届いてくれないかなと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です