こつめ弟、姉川の戦いを再現する。

姉川の戦いを再現の巻

戦いごっこは男子の宿命??

兄弟がいる方ならあるあるだと思うのですが、上の子は学年が上がるにつれて、週末もテストや学校見学、塾の授業があって忙しいので、下の子を遊びに連れて行ったり、お出かけしたり、なかなかできなくなりませんか?

我が家も例外なくそうなのですが、週末こつめは、土曜日午前→学校体験会、午後→特別講座、日曜日午前→テスト前勉強、午後→育成テスト、でした。

というわけで、こつめ弟はロボット教室と家庭学習以外はフリー!
(という名の半分放置)

何をやっていたかと言いますと、
姉川の戦いごっこ(笑)

織田・徳川軍VS朝倉・浅井軍。

こつめ弟の好きなもの大集合での、織田・徳川軍VS朝倉・浅井軍。

姉川の戦い

手前が織田軍、奥が朝倉軍です。
25000人VS13000人の戦い!
さぁどちらが勝つか!

なんてやってました。
大好きな動物フィギュア、ロボット教室のパーツロボ、ピタゴラスの四角、折り紙…

男子の心は時々理解できなかったりするけど、この感性、こつめ母は嫌いじゃない。
写真には写ってないけど、織田信長が折り紙ですよー。弱っ(笑)

きっかけは、超ビジュアル!

そんなこつめ弟が戦国時代に興味を持ったきっかけ。
その1つが、超ビジュアル!歴史人物伝シリーズです。

最初に買った歴史漫画は、集英社の日本の歴史シリーズ。
こつめは全巻読みましたが、こつめ弟にはあまり魅力ではなかったようで残念に思っていたら、こちらは熟読するくらいによく読んでいます。

超ビジュアル!はここがイイ

超ビジュアル!歴史人物伝シリーズのおすすめポイントは、導入として漫画で興味をひきつつ、要所要所で実際の資料の写真、肖像画などが豊富であること、人物の年齢(年代)と出来事ごとにまとまっているので頭に入りやすいこと、を挙げます。

最後の人物関連年表も、人物の年齢とリンクしているので、時代背景がイメージしやすい気がします。

これでこのお値段は買い!
歴史好きとしては、サバイバルの歴史シリーズなんかよりおすすめです。
(サバイバルも、歴史嫌いの子の導入の導入としてはおすすめですよ)

西郷どんも購入

知らないうちに西郷隆盛が出版されているのに気づいたので、購入。

毎週日曜日の夜は、家族団らんで大河ドラマ西郷どんを見ているためか、家族の間で取り合いになる程一気に読みました。

あとは、唯一持っていなかった(こつめ母が興味がなかった)伊達政宗も近々購入予定。
というのも、世界ふしぎ発見で、先日伊達政宗のことをやっていて、こつめ達は興味をもったようです。

それなりに興味持ってきた

社会、理科は興味をもってもらうことがスタートなので、歴史は少しずついい誘導ができているかなと感じます。

こつめよりこつめ弟が食いついているところが想定外ですが、こつめ弟は子鉄なので地理も大好きで、このままいくと社会は得意教科になれるかな?

こつめにもいい影響を与えてくれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です