こつめ姉弟、天声こども語を書き写す。

こつめ母よっしゃ

こつめ家は朝日小学生新聞。

我が家では、こつめが小3の1月から朝日小学生新聞を購読しています。

毎日読んで欲しいというのがあったので、我が家では朝日と毎日で検討しましたが、やはり受験の時事問題の対策に強いという評判で、朝小新聞を続けています。

最近は、毎日じっくり読む時間も取れないので、新聞の活用は、こつめが気になった記事を毎日ひとつ(一面の記事が多いです)音読するくらいで、半分は息抜タイムになっています。

こつめ弟は気になった記事(新幹線、動物、恐竜など)があったら読む程度で、4コマ漫画のジャンケンポンだけ毎日かかさず読んでいます(笑)

天声こども語の書き写し。

そんな中、夏休みには普段できないことを取り入れたいと思って考えていた時に、朝小新聞載っていた天声こども語書き写しで効果の記事を読みました。

読み書きの力がつき、ニュースにも興味がもてる。

新聞書写の良さは知っていたものの、時間がかかると思って敬遠していたのですが、記事を読んで、時間がとれる夏休みならできるかも、こつめにやらせてみたいと思いました。

専用のノートを購入。

こつめ母は、今時教室e-shopで3冊セット、送料無料で購入しました。
朝日新聞の販売店でも購入できるみたいです。

ノートには、活用法もわかりやすく見本とともに載っているので、始めやすいと感じました。

ただ、慣れるまでは、1記事を完成するのに、ある程度時間がかかるんじゃないかと心配。

こつめは、早くやりたい!と言っていて、勝手に始めようとするので、今はストップしています。

思わぬ反応があったのは、こつめ弟。
ブンブンどりむでも、書写は好きではなく、仕方なくやっている感があるのですが、ノートを見てやってみたいと。

新聞記事が面白そうに見えたみたいで。
漢字が好きなので、難しい漢字が書けるというのも魅力的だったみたいです。

こつめ弟、やってみた。

というわけで、早速スタート。
いつも習っていない漢字も見よう見まねで書いているのですが、それをするには漢字が多すぎる。
これを機に、きちんと学んで欲しいなと思い、筆順を知らない字は調べてから書くことにしました。

まれに小学生で習わない漢字も出てくるので、このアプリを使ってみることにしました。

常用漢字筆順辞典【広告付き】

常用漢字筆順辞典【広告付き】

NOWPRODUCTION, CO.,LTD無料posted withアプリーチ

これならこつめ弟でも、簡単に検索できて、筆順も一画ずつ確認できます。
このアプリ、使い勝手いいので、こつめのスマホにも入れてあげました。

天声こども語ノート

そんなこんなで、やっと半分。

家に残っていた過去の新聞の記事からスタートしてみたのですが、初っ端、弟が姉を射殺するというアメリカの事件の記事だったので、「怖いね〜ぼくはねぇねを殺さないよ」って言ってました。
ちゃんと内容わかってます(笑)

調べながらやるので、これだけでも、結構時間がかかりました。
こつめ母も隣でサポートしながらなので、負担は増えますが、続けることで力になりそうなので、親子で楽しくやれたらいいなと思います。

筆順が怪しい漢字、こつめ母も一緒に勉強します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です