こつめ弟、夏休みの家庭学習は。

こつめ弟夏休み

こつめとこつめ母は、無事帰省し、田舎の生活を楽しんでいます。

1週間ぶりに会うこつめ弟は、甘えん坊。
なにかとママと一緒~と寄ってきます。

昨日行ったプールでは、身長120センチ以上OK(ギリギリ身長超えました)のスライダーなどに挑戦したのでビックリ。
慎重派の性格で、何事もなかなか自分からやりたがらないのですが、成長を感じます。

こつめ弟、学校の宿題は絵日記1日分以外すべて終わらせて帰省したので、普段やっているドリルを持たせて、やることは一応指示しておきましたが、あとはすべて本人任せ。
丸付けだけはこつめ母の母にお願いしていました。

毎日やるもの。

ブンブンどりむ

好きなページからやっていいよと伝えていたら、作文のページが見事に飛ばされていました(笑)

作文も、自分が好きな話題だとひとりでやるのですが、そうでないと、こつめ母が促してやっととりかかります。
こつめ母がいる1週間の間にやろうと思います。

こつめ母ガッツポーズこつめ弟、ブンブンどりむを楽しむ。

Z会算数(文章題)

真面目にやってありました。
文章題がストーリー仕立てになっていて楽しいのと、難度が高くないこともあり、比較的サクサクやります。

面白かったのがこれ。

 

 

 

こつめ弟はかけ算を覚えていないので、かけ算の問題ページがすべてたし算で計算されていました(笑)

でも、いいんです。
かけ算でやりなさい、と問題に指示されていなかったので、これで〇。

計算大変だったでしょ、こういう問題はかけ算でやると楽に計算できるよ、と教えてみたのですが、かけ算はまだいい、と拒否されました。
これがかけ算を覚えるきっかけになったらと思ったのですが、2学期に学校で習うからいいと、頑固なこつめ弟です。

天声こども語

ひとりでできるかなと心配していたのですが、頑張って少しずつやってありました。

難しいのはやっぱり漢字。
2年生だと、学校では習っていない漢字がたくさんできますが、真似して適当に書くのではなく、きちんとアプリで筆順を調べて書いていたみたいです。

指示語、接続語、キーワードに線も引かれていました。
ひとりで頑張っていたことをたくさん褒めました。

天声こども語の書き写しをはじめて1ヶ月。
評判通り、継続することで力がつきそうと実感できたので、可能な限り続けていきたいと思います。

こつめ母よっしゃこつめ姉弟、天声こども語を書き写す。

毎日どれか一つやるもの。

都道府県のおはなしドリル

1年生の時に購入して数ページやって、放置されていたドリル。
帰省してからは、なぜかこればかりやってありました(笑)

お話を読むのがメインなので、地理好きのこつめ弟は、ひとりでやってても楽しいみたいです。

Z会理科

絵や写真が多く、なぞって学ぶところもあるので、3年生からの理科導入前のものとしては、とっつきやすくていいと思います。
内容は少々簡単に思いますがおすすめです。

わかるがたのしい社会

地理好きのこつめ弟、オーソドックスな都道府県ドリルはやり終わってしまって、何かちょっと変わった内容ドリルはないかなと探していた時に、見つけたドリルです。

クイズ形式になっていたり、なぞったり、色を塗ったり、楽しみながらできる内容になっています。
少し残念なのはカラーでないこと、問題文にルビがないことです。
漢字好きのこつめ弟はあまり困りませんが、低学年だと、手助けが必要かもしれません。

パズル系ドリル

一時期こればかりやっていた時期があるのですが、最近はブームが終わってあまり登場しませんが、時々こつめやこつめ母と競争と言って、一緒にやったりしています。
ゲーム感覚で取り組めます。

本当はもう少しやって欲しい気もするのが、こつめ弟はまだ2年生。
今は、マイペースに、勉強って楽しいってことを知ってくれるだけで、充分かなという気もします。

今はできるだけ、机上ではできない経験をさせてあげたいと思います。