Instagram

日能研テキスト整理のまとめ

この記事は、小5までの活動をまとめた記事です。

まとめカテゴリはこちら

日能研のテキスト

日能研に通うことになって初めて思ったことはこれでした。

こつめ父

テキスト、分厚い!

こつめは4年生から入塾したので、最初から4科目のテキストがあったのですが、分厚くてびっくりしました。
特にびっくりしたのが、本科の解答テキストの分厚さでした。

こつめ父

復習重視の方針と言うだけのことはありますね、、

日能研のテキストは、大きく2種類あります。
授業用の「本科」と、復習用の「栄冠への道」です。

このメインテキスト2種類を、問題テキストと解答用テキストで分けると、9種類に渡ります。

・本科:国語(問題)
・本科:算数(問題)
・本科:社会(問題)
・本科:理科(問題)
・本科:全教科(解答)
・栄冠:国算(問題)
・栄冠:国算(解答)
・栄冠:理社(問題)
・栄冠:理社(解答)

こつめ父

他にもいっぱいサブテキストがあるんですけどね、、

こつめのダメなところ

こつめ父が考えるこつめの最大の弱点は、「整理整頓できないところ」です。

もう本当に、片付けはしないわ、消しかすはそのままだわ、テキストは床に散らかすわ、、、

こつめ父

正直、何度カミナリを落としたかわかりません

もう「勉強はできなくてもいいから、整理整頓はできるようになってくれ」と何度思ったことか、、、

そんな片付けができない系女子であるこつめは、日能研に通い始めた頃は、テキストもテストも見つからないわと、もう大変なことになってました。

モノを探すのにどんだけ時間使っとんのか、というくらいに、、、
ひどかったです、、、

こつめ母のすごいところ

こつめ父は、素直にこつめ母を尊敬してるのですが、こつめ母は整理整頓が上手です。

決して潔癖なわけでも神経質でもなく、最小限の労力で汚くならない方法をうまーく構築します。

結構散らかってるのに、決定的に散らかってないところがミソです。

こつめ父

さすが無印良品大好き女子!

そんなわけで、こつめ母もこつめの利用環境を見ながら、少しずつ環境メンテナンスを行ってきました。

この記事では、そんな試行錯誤のテキストに関する歴史を振り返ってまとめたいと思います。

こつめ母の試行錯誤:テストのテキスト整理編

×:日能研から配られるバインダー

日能研から配られるバインダーの評価
綴じやすさ
(1.0)
一覧のしやすさ
(1.0)
取り出しやすさ
(1.0)
総合評価
(1.0)

日能研から、テストをまとめるバインダーが期初に配られまして、こつめ家では最初真面目に2穴パンチで穴を空けて、これに綴じ込んでいました。

が、、、これ、最後に片付けるときにはともかく、出したり綴じたりすることが本当に面倒なんですよね。

こつめは、日能研全国公開模試の前には育成テスト(旧:カリテ)を引っ張りだして復習をしていたので、本当に面倒で、、、
すぐにこつめ家全員が挫折しました。

○:A4クリアファイル整理術

A4クリアファイルの評価
綴じやすさ
(5.0)
一覧のしやすさ
(4.0)
取り出しやすさ
(5.0)
総合評価
(4.0)

すでに記事にもしましたが、現在の整理方法です。

こつめ母パソコンやるこつめ母、テストをファイルに保管する。

この方法のすごいところは、シンプルかつ便利で、さすがのこつめでも一人でやれるところです。

こつめ父

それでもたまに袖机に放置とかやらかすのですが、、

最初のラベル貼りが終われば、あとは最小工数です。
一目瞭然なので、取り出すのも便利。
収納は入れるだけなので、楽勝です。

これを始めてから、こつめのテストが散らかっていることは格段に減り、復習時にテストを探すことが無くなりました。

こつめ母の試行錯誤:日能研テキスト整理編

×:袖机内に片付ける

袖机に片付ける方法の評価
片付けやすさ
(2.0)
一覧のしやすさ
(1.0)
取り出しやすさ
(2.0)
総合評価
(2.0)

こつめの机には袖机がついており、最初はそこに片付けることにしていました。

ですが、やはり出し入れの回数が多く、こつめは全く片付けません

床や机の上に、テキストが乱雑に積み上がっている状態で、あっちこっちに散らかる状態でした。

△:ファイルボックスにまとめて片付ける

ファイルボックスに片付ける方法の評価
片付けやすさ
(4.0)
一覧のしやすさ
(4.0)
取り出しやすさ
(3.0)
総合評価
(3.5)

現在の方法ですが、教科別に無印良品のファイルボックスをつくってテキストを放り込んで、ボックスごと棚に置き、教科ごとにその勉強をするときに袖机上に持ってくる(入れ替える)、という方法です。

※写真の状態は、全部のテキストが入ってるわけではないです。
あと、この写真ではノートも入れていません。

ファイルボックスは全部で7つです。
※解答テキスト用などは細めのボックスです。

  • 各4教科用(4つ)
    ※本科テキスト、ノート、サブテキスト、参考資料
  • 栄冠への道テキスト用
    ※国算、理社で1つのテキストのため
  • 解答テキスト用
    ※本科解答が4教科で1つのテキストのため
  • 朝晩勉強用テキスト用
    ※毎日やるサブテキストのみまとめるため

 
この方法を採用してから、ある程度テキストが積み上がることは無くなりました。
少なくとも積み上がる前にはファイルボックスに片付けられるようになっています。

ただ、、それでも「帰ってきてからテキストを戻す」という習慣がなかなか身に着かないこつめは、一定量は机に出しっぱなし、日能研バッグに入れっぱなしにします。

こつめ父

もう、、、徹底してるよね。
こつめは、、

あと、やっぱりファイルボックス自体を持ち運ぶので、単純に重いんです。

こつめ父

女の子であるこつめにはちょっときついよね、、

そんなわけで、片付ける場所はともかく、もっと確実に戻せる方法を模索中です。

こつめ母の試行錯誤:日能研テキスト内ラベル編

×:今週の授業回のページにだけ付箋を貼る

今週の授業回のページにだけ付箋を貼る方法の評価
準備の簡単さ
(5.0)
めくりやすさ
(2.0)
振り返りのしやすさ
(1.0)
総合評価
(2.0)

こつめは以前、「今週の授業回の最初のページにだけ」付箋を貼るようにしていました。

毎回、分厚いテキストから閉じるたびに該当のページを開くのに時間がかかるので、せめて該当のページだけでも簡単に開けるように付箋を貼っていました。

ですが、育成テストや日能研全国公開模試のテスト前復習の際に、この方法だと非常に困ることになりました。

こつめ父

ペラペラと該当のページをめくろうと探すこつめの無駄時間、、、
見ているこっちが辛かったです、、

○:全教科の日能研テキストにインデックスシールを貼る(問題・解答両方に)

今週の授業回のページにだけ付箋を貼る方法の評価
準備の簡単さ
(2.0)
めくりやすさ
(5.0)
振り返りのしやすさ
(5.0)
総合評価
(4.0)

5年生のテキストから、こつめ母は日能研のテキストに、各回ごとに、回数と単元を書いたインデックスシールを印刷して貼っています。

こつめ母、インデックスシールを貼る。 こつめ母、インデックスシールを貼る。その2 こつめ母、6年生のテキストにインデックスシールを貼る。

インデックスシールを貼るようになってから、こつめがテキストをめくることに時間がかかることは無くなりました。

こつめ父

これ、地味に一番役に立っていると思います!

その分、期初のこつめ母の労力もしんどいところなのですが、時短効果とストレス軽減効果は非常に高いです。

こつめも、これが始まったときには、非常に喜んでいました。

総括

こつめはいまだに机が整理できないまま6年生にあがってしまいましたが、それでも効率を損なわない程度には片付けるようになりました。

こつめ父

こつめ母の努力の賜物ですね

6年生にも引き続きブラッシュアップしていきますので、また記事を追記したいと思います!