Instagram

こつめ母、こつめ弟と四国へ行く。

こつめ弟と鉄旅

忘れないうちに、先月こつめ弟と行った四国旅行について、書きたいと思います。

1月にこつめと合格祈願の旅に行きましたが、その時こつめ弟はお留守番だったので、自分もどこか行きたいと言い出し、こつめ弟が行き先、何をするかなどプランニングしてくれました。

旅行は、計画を立てることから、現地で経験、体験することまで全てが、何よりの勉強になると思っています。

こつめ弟が決めた旅行先は、四国。
とある電車に乗りたい!と言い出したのが始まりです。

今回は、子鉄のこつめ弟らしい鉄分多めの旅になりました。
直接の勉強の話ではありませんが、よろしければ、お付き合い下さい。

いざ香川県へ

朝7時台の飛行機で高松空港へ。
羽田空港から1時間ちょっとのフライト。

到着してからすぐに、ギリギリ高松市内へ出るリムジンバスに駆け込みました。
バスの本数が少ないため、こつめ弟が調べておいてくれて助かりました!

高松駅に到着。

こつめ母

可愛らしい駅。子鉄のこつめ弟は、いつでもどこでもカメラ構えてました(笑)

めりけんや

香川県に行ったら、何したい?って、

讃岐うどんを食べる!!

と、1番に決めていたこつめ弟。

ガイドブックにも本当にたくさんのお店が載っていたのですが、時間と距離的にここがいいと、駅近くのお店、めりけんやへ。

朝10時過ぎ、少し早い昼食になりました。

このサイズで、小です。

私は肉うどん、こつめ弟はざるうどん、それから天ぷら2つも食べてました。

こつめ母

こつめ弟の食欲にビックリ!うどんはコシが強くて美味しかったです。

高松駅周辺

お腹いっぱいになったところで、こつめ弟が乗りたい電車の発車までは時間があるので、高松駅周辺を歩いてみました。

高松築港駅

高松琴平電気鉄道、ことでんの駅です。

時間的に乗ることはできないけど、近くで見たいと入場券を買おうとしたら、券売機にボタンがない。

駅員さんに聞いたら、どうぞ~と無料でホームまで行かせてくれました。
近くで見られて大満足のこつめ弟。

こういう田舎ならではの優しさ、ほっこりします。

こつめ母

琴平(ことひら)と金比羅宮(こんぴらさん)が一緒になって、何度も「ことぴら」と言っていたのが可愛かったです(笑)

高松城跡 玉藻公園

そこから歩いてすぐの高松城跡 玉藻公園へ。

城内からは、先程のことでんが見えるスポットがあったりして、楽しんでいました。


お堀の鯛にえさをあげると、こんなものが当たりました。

鯛願成就ステッカー。

こつめにお土産にあげました(笑)

こつめ母

めでたい!願いごとが成就しますように。

高松港

もう少し時間があったので、高松港へも足を運んでみました。

このオブジェ、なんなのかよくわかりませんが、ガイドブックに載っていて、こつめ弟が見てみたい、と。

こつめ母

後から調べてみたら、大巻伸嗣さんの「Liminal Air-core-」という作品らしいです。

高松港からは色々な場所へフェリーが出ていて、瀬戸内海の向こうは岡山や広島なんだよ~と話をすると、ガイドブックの地図を見て確認していました。

こつめ弟は年に数回、広島の祖母宅(私の実家)に滞在して、色々なところに連れて行ってもらうので、瀬戸内海は馴染みがあるようで、位置関係がピンときたようです。

こつめ母

机上の勉強が、現地に行ってみることでより具体化する、これが旅行の醍醐味ですよね。

こつめ弟は、今度小豆島にも行ってみたい、と言っていました。
こつめの受験が終わったら、ゆっくり帰省したいなと思うこつめ母でした。

高松駅

いよいよこの旅メインの特急電車に乗るため、再び高松駅へ。

出発時間まではまだ時間があったのですが、そこは子鉄のこつめ弟。

早めにホームに行き、色々な電車を見る。撮る。
マリンライナーは、岡山から瀬戸大橋を渡ってきたんだよ!とニヤニヤのこつめ弟。

高松駅は終点なので、色々な電車が終着しては、また出ていきます。

フラットなホームなので、一目で全部のホームが見渡せて、移動できるので、あちこち忙しかったです。

こつめ母

最初は一緒に後を追っていた私ですが、最後は見守り体制。体力温存です(笑)

高松駅から松山駅へ

特急いしづち

こつめ弟が乗りたかった特急電車は、特急いしづちです。

しかも新型の8600系。
特急いしづちは1日に結構走っているのですが、8600系と限定すると、1日に数本に限られてしまって。

ネットで時間を検索して、どの時間なら乗れるのか、その前後のプランとの兼ね合いで可能な時間なのか、色々模索しました。
高松→松山にするのか、松山→高松にするのか、空港からの距離とバスの時間もうまく加味しないと、こつめ弟のやりたいことが全部できなそうなので、なかなか難しかったです。

こつめ母

ここは私も手助けしましたが、旅行好き、旅行プランを立てるのも大好きな私は、楽しかったですね。

そして、いよいよ特急いしづち11号の登場!

こつめ母

おぉー!確かにカッコイイ!

私まで興奮してしまいました(笑)


先頭側。連結できるようになっています。
特急いしづちは、途中宇多津駅で、先に待っている岡山から来た特急しおかぜと連結するらしく、連結が見れる!とこつめ弟はワクワク。

車内では、少し香川を感じてオリーブコーラ。

こつめ母

オリーブ?はよくわかりませんでした。
でも美味しかったです。

そして、宇多津駅に到着。

連結を見たいと意気込んでいたこつめ弟ですが・・・

ドアが開かない!!

そうです、連結してから乗降するようになっているから、先にドアは開かず(笑)

これにはこつめ弟ガッカリでしたが、乗車している列車が連結するという、ゴゴゴ・・・
という感覚を感じられて、それはそれでよかったようです。

こつめ母

その感覚は、さすがにこつめ母は共有できませんでしたけど。子鉄くんにはたまらないんでしょうね。

車窓は、松山に近づくにつれて、海沿いを走ることが多かったのですが、途中、まだ山肌が削れたりしているところもあり、去年の西日本豪雨の被害を目の当たりにしたりしました。

こういうのを実際に見ることができると、遠いニュースの中の話だったことが、身近に感じられたりしますよね。

その後、満足したのか、こつめ弟はお昼寝タイム。
高松から松山までは、2時間半。

朝4時起きだったので、お昼寝できてよかったです。

いざ愛媛県へ

松山では伊予鉄三昧

松山駅

寝ぼけていたこつめ弟ですが、ホームに降りて連結した列車を見ると、目がパッチリ。

松山駅についてからは、分刻み行動の予定になっていたので、名残惜しくも別れを告げましたが、こつめ弟が意外に喜んだのが、有人改札でした。

切符が手渡しの改札しかなかったんだよー!と、帰宅した時に1番にこつめに報告してました。

こつめ母

さすが都会の現代っ子の反応。

伊予鉄・路面電車

松山駅に着いたら、まず荷物を置くため、ホテルへ向かいました。
初めての伊予鉄。

松山駅から大街道駅まで路面電車に乗りました。

松山に着いてからは、さらにずっと写真を撮っていたこつめ弟です。
車両も色々あるので最初は一緒に楽しんでいた私ですが、途中からはまた撮るの?いつまで撮るの?状態でした。

宿泊はダイワロイネットホテル松山。
駅からも近く、部屋の窓からも真下に路面電車が見下ろせたので、ここにしてよかったです。

坊ちゃん列車にのるはずが

とりあえずチェックインして荷物を置き、すぐに大街道駅に戻ると・・・

乗る予定だった時間の坊ちゃん列車が運休の文字。
時刻表を見て知るこつめ弟と私。

坊ちゃん列車、1日に数往復しかしておらず、1日目2日目の予定を考えると、その時間がベストというか、その時間しか乗れないと思って予定していたので、2人で呆然。

後から思えば、その時、他の方法がないかすぐ調べればよかったんですけど、その駅ではその時間がラストと書いてあったし、私も以前調べた時にその日最後の時間だった記憶があり、すぐに諦め。

こつめ弟に2日目になんとか乗る方法がないかあとで調べてみるから、最悪乗れなくても見るだけでもいい?なんて慰めに入って、次の予定の場所に行こう!と話したのでした。

こつめ母

ここですぐに気持ちを切り替えられたこつめ弟に、成長を感じました。

気を取り直して、次の目的地へ行くため、路面電車に乗っていると・・・
なんと反対側から、坊ちゃん列車が来てすれ違った!

こつめ母

嘘でしょー!

ほんの一瞬のできごとで、こつめ弟も私も写真撮れず。

そっか、反対方面のホームに行っていれば、反対方面で運休していない列車がまだあると確認できたんだと気づいたけど、もう遅い。

こつめ母

これは本当にショックでした。。

古町の斜めクロス

でも、仕方ないので気を取り直して、こつめ弟が楽しみにしていた場所へ。

路面電車で古町駅まで行き、その手前の線路へ。

一見なんだかわからないのですが、ここは斜めクロスと言って、郊外線と軌道線が斜めに走っている、全国でもここだけの激レアスポットです。

路面電車(軌道線)が、鉄道線の線路の上を斜めに横切って行くのがわかるでしょうか。

こつめ母

こつめ母にはなんとなく(汗)


鉄道線は割とまっすぐ走っていきます。

夕方になり気温が下がって寒かったのもあり、まだ見るの~という感じに私はなってしまいましたが、こつめ弟は何度見ても飽きない様子。
鉄道線は15分に1本しか来ないので貴重でした。

ダイヤモンドクロス

斜めクロスに満足したこつめ弟は、古町駅から路面電車でも行けるのに、今度は鉄道線に乗って1駅の大手町駅へ。

その前に、古町駅のホームで、古町の車庫の奥で休んでいる坊ちゃん列車に出会いました。

こつめ母

遠目だけどよかったねー。

そして、数分で大手町。

東京の大手町と違って静かだね、とこつめ弟。

駅の出入口からすぐ横に、こつめ弟がずっと楽しみにしていたダイヤモンドクロスがありました。

先程の斜めクロスに続き、ダイヤモンドクロスって何よ、の私でしたが、実際に見て、なるほどー!と。

こちらの方がわかりやすい。

ここも、先程の斜めクロスと同じで、軌道線(路面電車)と鉄道線がクロスしているのですが、
直角にクロスしているのは、これまた全国でもここだけ!!激レア!!!

他に軌道線同士、鉄道線同士が直角にクロスしている場所は全国に1カ所ずつあるそうです。
(こつめ弟調べ。違ったらすみません。)

こつめ母

松山、すごいよ笑!

反対側からのクロス。

実は、この場所に来る前に、ホテルへ行く時など、何度か路面電車で通過したのですが、路面電車が鉄道線を通る時、独特の「ガタガタガタ」という音と乗り心地になるんです。

こつめ弟も興奮していましたが、鉄オタにはたまらないらしいです。

こつめ母

こつめ弟、鼻血出すかと思いました(笑)

観覧車くるりん

何度かクロスを見て、そこからは鉄道線で、松山市駅へ。
鉄道線に乗った時、車中からダイヤモンドクロスにさよならを。

2月は私の誕生月だったので、観覧車くるりんに無料で乗りました。

観覧車、こつめ弟は物心ついてから初めて乗った(そうだっけ?)らしく、これまた興奮。
山の上にある松山城も見えました。

高いところが苦手は、こつめ母は固まってました。

こつめ母

怖かった。

坊ちゃん列車ミュージアム

くるりんの近くにミュージアムがあることを知り、行ってみました。

でも、地図で見ると、どう見てもそこはスタバ。
よく見ると、スタバの中を通った奥にミュージアムがありました。

ミュージアム内に椅子があり、スタバのドリンクを飲みながら、勉強している学生も。

翌日行って気づきましたが、道後温泉駅内にもスタバ。
伊予鉄とスタバ、コラボしてるのね。

ここでは複製ですが、坊ちゃん列車が間近で見られて、ちょっとホッとしました。

伊予鉄の歴史にも触れることができて、勉強になりました。私が。
伊予鉄の事業展開、すごいなって思いました。

こつめ弟は、列車の車輪のところに興味深々で、何か言ってましたが、マニアックでよくわかりませんでした。

こつめ母

あー2人して満足

ホテルへ戻る途中、みきゃんちゃんのポストを発見。

松山って、市内のいたるところがオレンジ。
伊予鉄は全部オレンジだし、なんか気分が明るくなりました。

夕飯は郷土料理で

おいでん家

夕食は、ホテル内のお店へ。
せっかくなら松山らしいご飯を食べたいと思って、ちょうどよかったので予約しておきました。

みかんジュースで乾杯。
こつめ弟は、みかんジュースは好きですが、つぶつぶが嫌だったみたいです(笑)
それが美味しいのに。

私は松山(まっちゃま)あぶり鯛めしを、こつめ弟はお寿司を注文。

こつめ母

海の幸、さすがの美味しさ。タレが初めて食べる味で美味しかったです。

こつめ弟はタレがダメだったみたいで、タレなしでシェアして食べました。
ボリュームがあって、2人でお腹いっぱい、大満足。

美味しいものも食べて、行きたい場所にも行けて、ハプニングもあったけど、充実した1日でした。

最後に

ここまで飽きずに読んでくださった方、ありがとうございました。

思いのほか長編になってしまったので、2日目は別記事にします。

2日目も盛りだくさんです。
よかったらお付き合い下さい。

こつめ母

高松、松山へ行ってみたい!と思った方、↓の方のこつめ母ボタンをポチっとお願いします!